CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
お気に入りの雑誌
やっとお出かけしたのでお気に入りの雑誌「天然生活」も
買うことが出来ました。

天然生活 02月号 [雑誌]
天然生活 02月号 [雑誌]
増沢 恵子

もったいないので(笑)まだペラペラとしか見ていないのですが、
なんだか聞いたことのあるような?記事を発見。



それは「エコを探しに行きましょう」という連載の第一回目の
記事で、東京葛飾区の北星鉛筆さんを取材したもの。

鉛筆を作る時に出るおがくずを粘土に再加工して「もくねんさん」
(かわいい名前ですね)という商品名で販売しているそうです。



木の粘土は埋めると土に還り、燃えるゴミとして処分できるそうです。
地球に優しいですね。

*             *          *

聞いたことのあるような・・というのも、知り合いのおうちが
鉛筆やさんをしていて、「おがくずで作る粘土」の話も
以前聞いたことがありました。もしかしてその鉛筆やさんかなあ・・
と思っています。

その時になんだか温かくていいなと木粘土を探して、
無印で見つけたのですが「でも何作るの?」と考えてしまって
買わずじまい・・・無印のものは「もくねんさん」じゃなかったかも。

今度は子どもが大きくなったら一緒に「もくねんさん」で
遊びたいなと思います。




| books | 15:26 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
もう夏?
今日もヨガへ行ってきました。
自転車で片道20分。往復汗だくです。
でもヨガをやっている間は冷房がよくきいているので
とても心地よく、冷えてしまうくらい・・・
なんだか逆のような気もしますが・・笑

+ + +

プラムが出るのが楽しみ・・と先日書きました。
あってもまだ高かったのですが、八百屋さんでお手ごろな
プラムを見つけ、早速買ってみたら、なかなかおいしかったです。
プラムは別名「すもも」というらしく(「プラム」と「すもも」が
同じだとは思いませんでした。「スモモ」というと駄菓子屋さんに
売っている、酸っぱいアレ・・というイメージです。)
ミネラル・ビタミン・食物繊維が含まれていて、疲労回復に
よいようです。またプルーンも仲間だそうです。



そのまま食べてもおいしいですが、オーブンでじっくり焼くと
味が凝縮されたように、甘ずっぱさが強くなって、よりおいしくなります。
パースにいた時に、市場でたくさんの種類のプラムが売られていて
よく買いました。私の住んでいたアパートにはガスオーブンが
ついていたので、朝食の時に焼いて食べたりしました。
バニラアイスやヨーグルトを添えると、ちょっとおしゃれな
おやつやデザートになりそうです。


+ + +



天然生活 08月号 [雑誌]

お気に入りの雑誌、「天然生活」が出ていたので買ってきました。
クーラーのきいた部屋でゆったりと読みたいです・・・
| books | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
えほん (赤ちゃん)
絵本が好きです。
保育士の時に、子どもたちを膝の上にのせて読んであげたり、
お昼寝の前に子どもたちを集めて読んだことを思い出します。

子どもは好きな絵本を何度でも「読んで、読んで」と持ってきます。
絵本を読んであげることで、子どもとゆったり触れ合う時間にもなり、
絵本から言葉やいろいろなことを学ぶこともできます。
お子様と絵本の時間・・是非お勧めします。

子どもたちが好きだった絵本、お勧めの絵本を時々紹介して
いきたいと思います。


いないいないばあ
いないいないばあ
松谷 みよ子, 瀬川 康男

初めての絵本としてもお勧めの本です。赤ちゃんの好きな
「いないいないばあ」。ページをめくるごとに、ねずみやくまなどが
顔を手でかくして「いないいない・・」
まためくると「ばあ!」
何度も読んでいるうちに子どもも一緒に「ばあっ!」と言ってくれます。
親子で楽しく遊びながら見られる絵本だと思います。



ねないこだれだ
ねないこだれだ
せな けいこ

どうしてなんでしょう・・子どもはお化けの本が好きです。
この本は遅くまで寝ないでいるとお化けになっちゃうというお話で
「おばけになってとんでいけ〜」とおばけの世界に連れて行かれて
しまいます。ちょっと怖いようなお話ですが、好きなんですよね。
作者である"せな けいこさん"の絵本はどれも楽しい絵本ばかり。
このおばけの本も、絵と文がとても魅力的です。



がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん
安西 水丸

「がたんごとん」「のせてくださーい」と繰り返しのやり取りをしながら
哺乳瓶やりんご、バナナが汽車に乗ってきて、最後はみんなでお食事と
いうかわいらしいお話です。
簡単なやり取りですが、繰り返しなので、子どもも一緒に「がたんごとん」
と声を出して楽しめます。

 
* * *

ここのところ毎日夏のように暑いですね。
梅雨は帰ってくるのでしょうか・・
雨は嫌ですが、夏の水不足も困ったもの・・
水不足にも、農家の人も困らないぐらいにちょうどよく降って
さっぱりと夏になってくれるといいですね。
勝手かしら・・ 笑










| books | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モノ作り
先日本屋さんへ行った際、店先にソーイングの本コーナーが
できていました。沢山の本が並べられていた中で
気に入ったものはこの3冊。


白とナチュラルのソーイング
白とナチュラルのソーイング


1年ぐらい前までは自分でミシンを使って洋服を作るなんて
思ってもいなかったのですが、直線縫いだけの小物作りから始まって、
友達の出産祝いに・・とスタイを作っているうちに、
オオモノ(洋服)作りへの抵抗感も薄れて?きて、
ちょっとやってみようかなという気持ちになりました。


もっと、もっと、リネン―使って作ってまいにち愉しむ
もっと、もっと、リネン―使って作ってまいにち愉しむ
主婦と生活社


というのも中学の家庭科でパジャマを作ったのですが、
なんともへんちくりんな出来上がり。つっぱった感じがして
着心地が悪く・・
大変なわりに、気に入ったものにならなかったので、
それ以来、自分で洋服を作るなんて考えてもなかったのですが・・・


リネンで雑貨―手づくりの愉しみ
リネンで雑貨―手づくりの愉しみ
石川 ゆみ


やってみようと思ってから、インターネットのお店で型紙を
売っているのを見つけ、注文してみました。
作り方なども丁寧に書いてあり、初心者の私でもなんとか出来ました。

初めて作ったのはティアードスカート。
満点には程遠いですが、自分で着る分には問題もなく、
気に入った布でスカートができて大満足。
それから時々洋服も作るようになりました。
洋服と言っても、まだまだ初心者で簡単なものしか作れませんが、
自分の好きな形・好きな布で作れるところが嬉しいです。

ただ昔家庭科で習ったような基本をすっかり忘れてしまっているので
「ソーイングの基礎」を勉強しないと!

お天気がいいとどうしても外へ出たくなってしまいますが、
これから梅雨に入っておうちにいることも多くなると思うので、
じっくりミシンでモノ作り、やってみようかなと思います。


☆お知らせ☆

AntEnnaというハンドメイドのオンラインショップを集めた
検索サイトのTopページに「nok*faa」を載せていただきました。
私もよくいろいろなお店をのぞかせてもらうのですが
手作りのかわいいお店がいっぱいあります。
よかったらのぞいてみてくださいね。
AntEnnaはこちら










| books | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
楽しくなりそうな・・・
仕事へ出ていたときは駅の近くに本屋さんがあって
よく立ち寄っていたのですが、仕事を辞めてからは
行く機会がありませんでした。先日ピンチヒッターとして
仕事へ行く機会があったので久しぶりに行ってきました。

本屋さんではいろんな本に出会えてアイデアをもらえたり、
視野が広がったり、考え方を変えるきっかけが見つかったりする
のでわくわくしながら、ついつい長い時間お世話になってしまいます・・

先日見つけたのはこの本たち。


こどもといっしょに食べるはじめてのごはん
こどもといっしょに食べるはじめてのごはん


私が短大時代に保育科で勉強した離乳食は、とても地味・・で
味も大人からすると美味しくない・・と感じるようなものでした。
味覚形成のためにも大切な離乳食では濃い味付けでは素材の味を
感じることは出来ないので味付けはほとんどしないと言っても
いいぐらいです。
なので普段大人が食べているものと比べたら、味がしない・・と感じても
仕方がありません。調味した濃い味に慣れてしまっていますから・・
それに調理実習で白衣を着て作るのですから、実験のようなものです。


ベビーカフェ
ベビーカフェ
祐成 二葉


でも美味しい素材を使って、自分の子供のために心を込めて作れば
きっと美味しくなるのでしょうね。
そんな時にこんな本が手伝ってくれたら、離乳食作りも楽しく
なるだろうなと思いました。


こどもといっしょに食べるはじめてのスープ
こどもといっしょに食べるはじめてのスープ


かわいくて、おしゃれな本がたくさん出ていて、どれも欲しくなって
しまいます・・・
これからはついではなくても時々本屋さんへ出かけて行こうと思います。








| books | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |